急速冷凍・鮮度保持抜群の業務用冷凍庫BFreKホームへ

最新冷凍装置を1ヶ月間無料で、Frek効果をとことん使って試して下さい!お問い合わせ・試用申し込み/052-502-2505 今日から新鮮宣言!地域ダントツNo.1店に! FreshKeep FreK/Frish ®
ホーム » FreKの技術 » 冷凍の仕組み

冷凍の仕組み

素材の鮮度をそのまま維持するための凍結のポイントは、最大氷結晶生成温度帯を早く通過させることです。この最大氷結晶生成帯とは、0度~マイナス5度ぐらいまでの氷が結晶化する温度帯のことで、この温度帯を早くすり抜け、水分をスピーディーに結晶化することが、鮮度を保つ重要なポイントになります。物質は、外側から内側へ凍っていくのですが、0度~マイナス5度のところで、温度の低下が緩やかになります。

凍結が遅くなればなるほど、肉や魚の中の水分の結晶化が遅れ、氷の結晶が大きくなってしまうのです。氷の結晶が大きいと、旨み成分が半減されてパサパサした食感になるだけでなく、細胞繊維を破壊し、解凍時のドリップもより多くなってしまいます。これを防ぐには、氷の結晶ができる温度帯(最大氷結晶生成帯)を早く通過させることが必須です。

FreKが鮮度を保てる理由FreKの原理と特徴→冷凍の仕組み→導電性フィルムについて
【資料】新しい冷凍技術についてお問い合わせ・資料請求

携帯アクセス解析